サイファー税理士法人設立について

サイファー税理士法人という名前についてですが、車の名前とは違います。
サイファーとは由来は数字のゼロを意味しています。ゼロは数字の源であり、空(くう)とつながっています。日々数字と向き合っている私たちにとってゼロはとても意味のあるものです。
ゼロという源から数字は1にも2にも無限大にもなります。お客様と数字で向き合い、無限大に成長していこうと、こんな思いを込めた名前です。東京への新幹線の中でひらめきました。
以後おみしりおきください。


そして法人にした思いも少し触れさせていただきます。
私は税理士事務所を父から引き継ぎました。父に感謝しています。恵まれているとも感じます。そして、この環境で私は、もっと成長させたいという思いが引き継いだ時からありました。
それもひとりではなく仲間と成長させたいと思っておりました。TKC全国会の活動を通じて、素敵な仲間と出会いました。その仲間たちとこれから次のステージに行きたいと考えています。

「その時の出会いが人生を根底から変えることがある よき出会いを」

これは相田光男さんの言葉です。このような以前からの思いと出会いによって法人設立となったわけです。

今日から税理士法人となります。この4人のステージが変わるということです。
これからこの法人は兵庫1を目指します。何で1番になるか。それは、この法人に関わると業績が上がるというという税理士法人を目指します。
企業の黒字化つまり社長さんの意識を変える仕事を軸に頑張りたいと思います。それと、税理士制度は昭和17年税務代理士の制度がもととなり、昭和26年に税理士法ができました。
すでに税務代理士制度から75年経過しております。そろばんからパソコンへ、手仕訳から自動仕分け、どんどん変化しております。事務所のあり方も働き方も変化の時代ではないでしょうか。
新しい事務所づくり、新しい働き方も4人で考えていきたいと思っています。


そのためには、我々もスタッフも相当の力をつける必要があります。4人で先陣を切ってスタッフとともに時には激論を交わし、時には汗をかき、時には感動しながら、1歩1歩前進していきます。